東京電力の社員を福島で作業させます。

| コメント(0)

もし私が総理大臣になったら、東京電力の社員を福島での作業に当たらせます。けっして社員を辞めさせず、決して下請けなど使わせません。社員自ら福島に行って作業すること。その社員をコントロールするために福島県民を本社採用にするのです。

借金まみれの人々を作業員として送り込む下請け業者は必要なくなるでしょう。

誰が命を犠牲にして放射能の中で作業ナンカしたいでしょうか?お金のためにしょうがなくやっている人々がほとんどです。

チェリノブイリで作業に当たった人々には、プーチン大統領から勲章を授かったそうです。勇気ある行動に対して。でも、勲章をもらった人々は、どんどん死んでいきました。ほとんどの人が寿命を全うできずに30代、40代で命を落としたのです。放射能の影響でがんになった人がほとんどです。

福島原発で働いた人々もいずれそうなるでしょうね。チェリノブイリで起こったことは、日本でも多分そのまま繰り返されるのでしょう。そして、その後は裁判で保証問題が取り沙汰される。

その家族への補償は、税金で賄われるのです。一体いつまでこんなことを繰り返すのでしょうか?

やってはマズいと世界が認めたことを、自らの傲慢な思想によって推し進めた人々。この人たちを罰せずしてどうして正義が行われるのでしょうか?原発の推進そのものが悪いとは言いません。でもプルサーマルを推し進めた人は死刑に値すると思います。そんな人々を許してしまっている日本の現状は、犯罪天国と言わざるを得ません。

なぜ、悪魔がのうのうと生き伸びるのか?

もし私が総理大臣になったら、本当に悪いものには確実に地獄に行ってもらいます。

警察官を全員クビにします。

| コメント(0)

もし、私が総理大臣になったら警察官を全員クビにして、警察の仕事を山口組に発注しようと思います。

なぜそう思うのか?

多くの一般市民が困った時に警察に何を相談しても無駄だっていうことは、体験済みだと思います。昨日は、三鷹で倉本聰さんの親戚の女子高生が刺殺されました。警察に相談に行ったその日に殺されたのです。詳しいことは知りませんが、テレビを見て知った限りのことで思ったのは、警察って犯罪を生み出そうとしているのではないか?ということです。

困っている人を助けるのではなく、罪人を生み出すために事件を誘導したいの?という感想を持ったのです。犯罪を止めるのではなく、犯罪を引き起こし、その犯人を捕まえることで自らの存在価値を知らしめようとしている。それ以外面倒なことは全く興味を示さず、市民の生命や財産が奪われるのを密かに願っているのではないのか?そんな考えもしてしまいます。

もし、あの家族が山口組に相談していたら?そう考えずにはいられません。

彼は、あの犯罪を起こしたのだろうか?いや、起こすはずがない。

暴力団対策法とかわけのわからない法律がありますが、巷では、暴力団より警察を恐れる人が多いのではないでしょうか?警察に財産を奪われたり、冤罪を負わされて長いこと何もしていないのに囚われの身になっている人が、実はものすごく多いのかもしれない。そう思わないではいられないんです。

マスコミの真実

法人税と所得税を減税します。

| コメント(0)

消費税については、また改めて語るとして今回は法人税と所得税について書きたいと思います。

もしも私が総理大臣になったら、法人税と所得税を8%に減税します。

法人は1億円の利益を出すと800万円の税金を払えばよいのです。こうすれば、訳の分からない経費の計上など無駄な計算とその計算に費やす時間を節約できます。無駄な税務署や無能な税理士なども不要になりますから結局は小さな政府の実現にも貢献するでしょう。

何よりも大きいのは、稼いでいる日本人の海外流出が止まります。さらに日本で法人税を払いたい外国の会社がたくさん日本にやってくるでしょう。問題は、日本の国土はそれほど広くないということだけです。

多くの企業や多くの豊かな外国人が日本にやってくると日本には多くの仕事が生まれます。実際には、税率を抑えることで税収が上がるのです。

日本の政治家はなぜこれができないのでしょうか?日本の役人はどうしてこの簡単なことがわからないのでしょうか?税金が安ければ、多くのお金が流入し、多くのお金が日本で使われるのは、小学生でもわかると思うのです。

これがわからないから、世界中にマフィアのような組織がはびこるのです。

私が考えるに、マフィアのような組織を応援しているのが政治家であり役所であるような気がするのです。日本の優秀な頭脳を世界に流出させないためにも、この減税は必須です。財務省のぼんくらの考えではだめなのだと思います。今の日本の霞が関と永田町は、寄生虫のように思えてなりません。

問題は、最後のところの正義に関わると思います。

良心と言い換えても良いかもしれません。

もしも、税金を安くなったことで増長した金持ちがやってをいけないことをやった時、しっかりとした罰が与えられることを考えておかなくてはいけないのかもしれません。人々が本当に良い関係になるためには、富を手にしたものが特別の責任を負わなければいけないのだと思うのです。

マイケル・サンデル教授に学ぶ

| コメント(0)

サンデル教授は、リバタリアニズムに対してコミュニタリアニズムを提唱している人であります。ハーバード大学で哲学を教えている人気教授です。わたしは、どちらかというとリバタリアンの思考法を支持していたのだなというところに気が付いたわけですが、サンデル教授はそれではいけないのではないかという立場なのです。

彼の講義は、ハーバードにおいて超人気だということでたまにNHKで放送されるようになりました。大学の講義を公開するということは本当に意義あることだと思います。そして、彼の授業を聞いていると常に『人間は、それでよいのか?』 と問いかけられているような気がいたします。

様々な問題を哲学的に考えることについて非常に勉強になるのです。様々な矛盾に対して本当にそれでよいのだろうかという問いかけは常に必要だと思います。リバタリアンに対抗する考え方を日本では下手をすると左翼的であると言う人がいたりしかねません。ただ、これは全く異なるものであることは明らかです。

非常に頭の柔らかい彼のような教授が、若いアメリカ人に物事を教えている。日本のようにただ、上から物事を教えているという姿勢ではなく、学生にともに考えさせるこの講義は、さすがハーバードと感じざるを得ません。

教えるとは、たぶん共に学ぶという謙虚な姿勢が必要なのではないでしょうか?決して強制することなく学生の意見をとても大切にする。合っているとか?間違っているとか?その答えを押し付けないのです。大事なのは考えるということ。そして、決めつけないということ。日本に戦後もまったくない教育を感じてしまったのです。

日本が行った馬鹿げた戦争。

それを後押しした教師という人々。

現在の日本でもこういった馬鹿な教師が幅を利かせているような気がしてなりません。良い教師は、自分の信じるところを行うとこの世界から排除されかねない。まったく戦争の時と変わっていないのではないだろうか?

教育というものの大切さを感じたのでした。

消費税増税について

| コメント(0)

来年の4月から消費税が増税になるそうですね。

世の中には、反対の人が多いようですが、私は全然反対しません。何故ってそれはお金を持っていないからです。なんなら、所得税やら酒税やらたばこ税やら揮発油税やら訳の分からない税金を全部取っ払うのなら消費税は100%になっても良いと思っています。

半分取られたらたまらない!

我々貧乏人はどうなるんだ!

こう思いましたか?たぶんそう思ったあなた、あなたは、7割ほど気が付かないうちに役人にぶんどられているのです。

日本の役人は、国民のことを『バカ』として扱ってきました。複雑な仕組みにすればバレヤしない!たぶんこういった思考があるのです。税金の仕組みは、平等ということでいうと一律にするのが望ましい。へたにいじくるから不平等になるのです。

役人にすり寄る企業にだけ恩恵を施すようなことをするから、真に必要な事業が伸び悩み、国ごと時代に取り残されていくのです。この国で役人ができる仕事は、自分達のやるべきことを少なくすること、これは政治家にも共通することです。自分達のクビを締めるようなことはできない。そういった思考ではますます首を絞めると思います。

自分の職を守ろうとした人々は、その結果何が待ち受けているのかまで見失うものなのでしょうね。良くない手段によって守ったものは、弊害となって帰るのが必然です。

消費税を上げるなら、あげればよいと思います。ただその前にやるべきことがあると思います。

  • 税制を変える。
  • 社会福祉を見直す。
  • 役人を減らす。
  • 国会議員を減らす。
  • 参議院をなくす。
  • 憲法を変える。

実は、何をするにも憲法が重しになって何にもできないのです。

日本人が作ったのではない憲法がそんなに大事でしょうか?

アメリカ人がいいかげんに作ったあんなにたくさんの条文がある憲法のどこがありがたいのでしょうか?このお話は、天皇制の存続まで話が行ってしまうのです。エリザベス女王のように日本にも天皇陛下がいらっしゃるのは、良い部分もあるだろうと思います。

ただ、宮内庁とかの仕事ってあんなに大勢でやる必要があるのでしょうか?皇宮警察って本当に必要なのでしょうか?日本の国が借金まみれでどうにもいかない中、沢山の税金を払わされている多くの民は、このままでは暴発してしまいかねないような気がします。

そういう事態が起きた時に、真っ先に標的なるのは、ろくな仕事もいないくせに人並みの給料をもらって食べていけている役人のような気がします。決してすべての役人が悪いわけではないのは当たり前ですが、先日、宝塚市役所で起こった事件は良い教訓ともいえるのではないでしょうか?

死んだ方がいなかったのは、事件を起こした当人にとっても良かったとしか言えません。本当に苦しんでいる人に追い打ちをかけながら、やくざに生活保護を渡していたりする役所の窓口の人は、どうすれば問題が解決できるかわかるはずだと思うのです。そんなこともわからないのなら、役所に勤めている資格などありません。

そんな役人は、完全な税金泥棒君です。消費税を増税してそんな人の給料にならないことを祈ります。

さらに、憲法改正反対と言っている人はアホです。

改正と言っているのです。

改悪と言っていません。

 

改正に反対の人は、改めて正すと自分の利益が損なわれると思っている人々です。つい最近、何とか党の党首が離党したらしいですが、あの党首のうちって大金持ちらしいですよね。弱者の味方のふりをしているとまったく安泰のうちなんです。

憲法改正は、1日でも早くやらないとダメ。

そうしないとアホ役人やアホ政治に税金から無駄な給料を払い続けないとならないんです。参議院議員なんか当選したら、宝くじに当選したと同じような自堕落な生活をしているのです。たぶん。。。

全員ではないにしても、あんな貴族みたいな人々は本当の貴族に無報酬でやってもらえばよいのです。それにしても日本という国はずっと天皇にたかってきている人が幅を利かせているのですね。大英帝国はどうなんでしょうね。

お得な入会申し込み明日まで!

| コメント(0)

最近は、テレビのコマーシャルもやっている楽天カード

入会するだけでポイントがもらえるのです!

通常は2000ポイントですが、明日月曜日ちゅうに申し込むとなんと8000ポイントもらえます。

条件は、こちらのページで、エントリーしてから申し込むことと、9月30日までに楽天カードを使うことが条件です。そして、ポイント付与は、2013年11月20日(水)頃までに完了するらしいです。忘れてはならないのは、2013年11月30日(土)まで使える期間限定ポイントであることですね。

11月楽天のサイトにアクセスしてなるべく早く使わないと消滅していまうかもしれませんから、しっかり覚えておいてください。

 

靖国神社参拝

| コメント(0)

今日は、終戦記念日です。

靖国神社に参拝して、戦争で犠牲になった全ての人に祈りをささげる日ですね。その象徴が日本人にとっては靖国神社であると思っています。それを国際問題がどうとかこうとか?外国の政府に言われる筋合いのものではありません。

戦争で犠牲になった全ての人とは、真珠湾で亡くなった米軍兵士も含まれますし、日本軍の横暴な一兵士の行動によって犠牲になった諸外国の民間人も含んでいます。あの戦争で命を失ったすべての人々の命について考える日。それが日本人にとっての終戦記念日であると思うのです。

GHQによる裁判とは名ばかりの極東軍事裁判で裁かれた人の無念に思いを巡らせ、単なる私恨で裁かれ、公職追放された人々の怒りについて考えるのです。

靖国神社は、太平洋戦争という悲劇の象徴であって、日本にとっては無くすことのできない神社です。もし、外国の圧力によってこの神社に政治的に変化を加えるとすれば、それこそが戦争の悲劇を忘れることに他ならないと思います。中国や韓国が異常な反応を示していることは、理不尽極まりないことではないでしょうか?

ご存知のように、現在の朴槿恵大統領は、朴 正煕元大統領の娘であります。終戦時は、満州国軍中尉でした。日本軍で働いていたのです。韓国の人々の怒りが日本に向かうのであれば、朴 正煕元大統領にも怒りが向かって当然だと思いますが、韓国の国民は、その娘を大統領に選んだのです。

そもそも、軍事クーデターによって韓国の大統領になった人であって、日本の戦争責任をとやかく言える資格はないのではないでしょうか?

そもそもアメリカは、韓国がどうなろうと知ったことではなかったというのが本音だと思います。

安倍総理大臣は、靖国神社の参拝を見送りました。たぶん、多くのアホの進言によって、参拝しないという選択をしたのでしょうが、この選択は、事の本質に正面から向き合った選択とはいえません。

私が総理大臣になることは、ありえない話ではありますが、もしなったら必ず毎年公式参拝したいと思います。

それが、太平洋戦争で犠牲になった全ての人への最低の礼儀であると信じます。

北方領土返還

| コメント(0)

国会議員でも何でもありませんが、自分が総理大臣になったらやりたいことを勝手に書いています。

たまに、どうでもよいことも書くと思いますが、是非ともやりたいことを書いてみたいと思います。総理大臣になったら一番初めにやりたいのは、北方領土に戦闘機で乗り付けることです。国会議員が良く語ることの一つに、『命がけ』とかいうのがありますが、本当に命を懸けるのであれば意味のある事に命を懸けてほしいと思います。

戦争が終わって、勝手に占領しておいて今も北方領土を占有し続けているのはどう考えてもおかしいと思います。

なので、総理大臣になったらまずはじめにやることは、北方領土に乗り込むことです。たとえ撃ち落とされてもやりたいと思います。

沖縄の基地問題をどうやって解決するかという糸口にもなりうると考えるのですね。沖縄にいる海兵隊は、北方領土問題を解決しないばかりか、北朝鮮に拉致された日本人も放置してきました。結局はなんの抑止力にもなっていないと思うのです。日本のために働く気なんかさらさらないのではないでしょうか?

こういうアメリカ軍を沖縄においておくために、日本政府は様々なおかしな交渉をやってきました。外務省は交渉したつもりかもしれませんが、私が思うには、最悪の譲歩だけを展開してきたと言っても良いと思います。

アメリカ軍は、沖縄の基地を作るにあたって、私有地を接収したのです。沖縄返還後どうなったのか?基地のもともとの所有者には、借地料を払うことで基地を使い続けています。一体誰がこの借地料を払っているか知っていますか?

それは、あなたなんです。

国の借金は1000兆円を超えたそうですが、税金でこんな借地料を払っていれば借金大国に成り下がるのは、小学生でもわかる話だと思います。

沖縄なんて関係ない!

北方領土なんて関係ない!

もしそう思っている人がいたら、税金を払っていない人ではないでしょうか?

みんなが気が付かないうちに、日本の企業が世界から置いてきぼりを喰っているのは、実は日本の税金の制度にあると私は思っています。あなたは、気が付かないうちに給料の7割近くの税金を払っているのです。いいやそんなのウソだ!そんな反論もあるかもしれません。

ただ、厳密にあなたが使ったお金の流れを追っていくとたぶん使ったお金の7割は税金となって消えているはずです。そして、そのほとんどは実は金利を払っている訳です。

北方領土を取り返すこと、沖縄から米軍に出て行ってもらうこと。

あらゆる問題の前にこの2つのことをやらないと何も始まらないと考えています。竹島問題とか尖閣諸島の問題とか?アメリカの対応はちょっとふざけ過ぎですよね。私は、決して反米思想の持ち主ではありませんが、国家としてアメリカと付き合う場合には、今の方向性は著しく違うと思っています。

現在の外務省は、日本を危機的状況に貶めた最悪のお役所だと思います。対米関連の全ての人は全とっかえが必要だと思うのです。

本当に欲しいのは5Dなのですが、70Dっていうのが8月29日に発売になりますね。

楽天やアマゾンやヤフーでいろいろ調べました。

そうしたら、ほとんどのところが1割引きまででした。まだ、予約販売状態なので、安くはないのかもしれませんね。でも、この液晶の大きさといい、なんだか相当良さそうです。5Dの購入の前に、これを買っておこうか迷っています。

最安のお店を確認したら、福島県の会津のお店がポイント3倍で4,365ポイント付くのでここで購入したいですね。会津と言えば白虎隊で有名なあの会津です。いい加減な明治政府が作った今の世の中に疑問をお持ちの方は、是非、会津にお金を落としてほしいですね。

NHKの大河ドラマは観ていませんが、八重の桜っていうのやっているんですよね。綾瀬はるかさんが川崎八重を演じているそうです。テレビではどう描かれているか知りませんけど、どう考えても会津藩の人々の方が偉いと思います。

カメラは、すべてここで購入しようかな?なんて考えたりしてしまいました。

本当は、ただ安いからなんですけど。

今日は2013年8月12日

| コメント(0)

28年前の今日、日航ジャンボ機墜落事故が起きました。

なくなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の方々の心に平安が訪れますことを祈念いたします。

8月は、6日には広島に原爆が落とされ、9日には長崎に原爆が落とされ、12日には、日航機墜落、15日には、終戦記念日と続きます。子供のころには、何やら意味不明の黙祷の時間でしたが、歳をとり、さまざまなことを知るにつけ、なくなった方々の無念を感じるようになって参りました。決して癒えることのないご遺族の心の痛みに思いを巡らせるとやりきれない気持ちにもなります。

6日には、広島に思いを巡らせ、9日には、長崎に向かって黙祷し、12日は、御巣鷹山に向かって祈り、15日には、靖国神社に向かって、祈ります。まったく宗教心のかけらも持ち合わせていない私のようなものも、1年のうちこの4日だけはお祈りします。

8月15日の終戦記念日に、総理大臣が靖国神社を参拝することがなぜいけないのか?全く理解に苦しむ次第です。当然ですが、私が総理大臣になったなら、どんなに反発があろうとも靖国神社に参拝したいと思います。

だいたい、巣鴨プリズンに投獄された人々は、本当の戦争犯罪人だったのでしょうか?

その時代を生きていない私のようなものの考えは、まったく当たっていないのかもしれませんが、本当の戦争犯罪人と言えるような行動をした人は、もっと別にいるような気がしてなりません。政府の言うままに、軍国主義教育をしていた教師は、悪くはないのか?帰りの燃料を積まずに玉砕によって死んで来いと命令した士官は悪くないのでしょうか?

本当の非人道的な、あってはならないことを止められる立場だったのに何もしなかった人々こそ、真の戦争犯罪人のような気がします。アメリカによる裁判で死刑の判決が出たからと言って、靖国神社に合祀されているA級戦犯の人々を別の場所に移すなど愚の骨頂だと思います。